FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XIGNCODE

XIGNCODEにシールド変更されてから、変更前には無かったクライアントのフリーズ事例。
宿屋から出る、移動のために向きを変える、インベントリからアカ共有箱へアイテム移動など。
セキュリティソフトで例外設定にしても何かの拍子にフリーズするのは変わらず。

今までのようにタスクマネージャーから英雄伝のクライアントを終了すると、再度クライアントを起動させた時に「不正なプログラムを~」のメッセージがでて強制ログアウトさせられる。これはPCを再起動しないといつまでもでてゲームが出来ない状態に。

XIGNCODE側でクライアントをタスクマネージャーから強制終了させた時の対応がされていない?

ということで、クライアントがフリーズした時に今度はXIGNCODE Watchdog Kの「xxd-0.xem *32」を強制終了。シールドを終了するとクライアントも道連れに終了するので、再度クライアント起動。
「不正なプログラムを~」のメッセージがでて強制ログアウトされることがなくなりました。

XIGNCODE側で英雄伝への細かな調整が終わるまではこれで対応していくしかないかな(´・ω・`)
関連記事

この記事へのコメント

最新記事
カテゴリー
リンク
 

プロフィール

エッシェ

Author:エッシェ
マビノギをメインにあれこれ書いてます。

ファーガスのつぶやき

nexon社のオンラインゲームMabinogiの愛される破壊神ファーガスのツイート※非公式BOTです。 約60分に1度つぶやきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。